たった4時間で分かるホームインスペクション事業立上げセミナー 業界レポート、無料ダウンロード

弁護士のための経営・マーケティングを考える法律事務所経営.com

生産性向上

外注費率って全体の何%くらいが適正?

2019年7月10日 執筆:

    “外注費率って全体の何%くらいが適正ですかね?”   経営相談に対応させていただく際、よくご質問をいただきます。   そんなとき、私は   “しいて言うなら、25%以内ですかね~”   とお答えしています。   そう、「しいて言うなら」です。

続きを読む >>

デジタル化

2018年1月17日 執筆:

先日、社内の別業種の研究会に参加してきました。 2か月に1度、全国から経営者の方にご参加いただき、 相互で情報交換を行うのが研究会ですが、毎回多くの情報が集まります。 通常、当日のテキストは紙でご用意していることが多いのですが、 今回参加した研究会はパソコンあるいはipadを用いてデータとして配布していました。 これによる大きなメリットは、より多くの情報を確認すること

続きを読む >>

心理的安全性の改善方法

2017年10月16日 執筆:

生産性向上のポイントは心理的安全性といわれています。 心理的安全性とは、他社への心遣いや同情、あるいは配慮や共感を指します。 これを醸成する一つの方法として、社員との経営計画作成合宿の実施があります。 作成する項目としては理念・長期ビジョンなどの設定、現状分析、事業戦略、 数値計画、単年度計画、個人計画などがあげられます。 そして、作成するだけでなく、社員とともに振り返りや検証を行うこと

続きを読む >>

生産性向上でないがしろにされやすい点

2017年10月2日 執筆:

働き方改革や生産性の向上について最近、叫ばれてきています。 設計事務所も例外ではありません。 設計事務所業界も圧倒的に人手不足であり、生産性を向上しようと 取組み出している事務所が多くあります。 そこで、生産性の向上とは何なのかという問いが発生します。 世間一般的に言われるのが業務効率の向上です。 具体的には ①売上に直結しない時間の削減。 ②RPA(ロボティック・プロセス・オートメ

続きを読む >>

1時間あたりの生産性を見ているか?

2017年8月10日 執筆:

とある事務所が1時間あたりで業務を見直すと 意外にも赤字になる案件が多かったと言っていました。 ただ、1時間あたりで業務を見直すには社員が どんな業務に何時間費やしたのかを正確に記録することが不可欠です。 社員にとってはその記録付をするのが非常に面倒ですし、 経営者の方も計算が面倒なのでやっていない事務所が多いように感じます。 それをエクセルであったり、統合業務管理システムを導入するこ

続きを読む >>

案件特化型の組織体制

2017年4月20日 執筆:

意匠専門の設計事務所で20~30名規模くらいになってくると 人数の維持、つまり補充採用と生産性という部分でかなり苦労すると思います。 それを解決するための方法として 案件特化型の組織体制に変えるという方法があります。 集合住宅、介護福祉施設などという案件ごとに2~3名の意匠チームを作り、 そのチームに予算を付けて組織運営をするという手法です。 補充採用で入社した特に新人の場合は 専門

続きを読む >>

業務と役割の明確化&権限付与

2016年12月23日 執筆:

創業者の方は1人で事務所を立ち上げ、ありとあらゆることを1人でこなしてきた方が多いようです。 そのため、すべて自分でやろうという傾向が強いように感じます。 または社員に任せてはいるが権限を与えていないということが多いです。 ですが、人一人の力では限界があります。 社員にしっかり業務を振り、役割を明確化することが大事です。 そして、権限を付与することです。 社員をしっかり育成する必要もあ

続きを読む >>

設計監理料設定と時間配分

2016年11月19日 執筆:

どの経営者も事務所の運営をしていく上で悩む内容なのではないかと思います。 時間をかければかけるほどいいモノを作ることができますが採算が合わなくなります。 時間を短縮すれば 設計業務への向き合い方に対して本当に良かったのか と疑心暗鬼になってしまいます。 売上で考えた場合、従業員1人当たり年間1000万円ないと業務効率が悪い というように判断しています。 いくつかの設計事務所を調査して

続きを読む >>

人で不足を補うアウトソーシング

2016年10月13日 執筆:

建築士の人手不足が叫ばれるなか一つの解決方法として アウトソーシングを行うというのが一つの手法になります。 最近では設計業務を受注したい人と外注したい人を結びつける インターネットプラットフォームをちらほら目にします。 これらを利用するというのも一つの手です。 まったく知らない人間に外注できるかと思う方もいらっしゃるかと思います。 ですが、これをきっかけに実際に会ってみて技量を判断した

続きを読む >>

業績が良い設計事務所には総務のレベルが高い

2016年7月15日 執筆:

組織計画を考えていくなかで見落とされがちなのが総務です。 中小企業で小規模であればあるほど総務がスーパー総務であることが重要です。 ここでいう総務は採用活動や広報活動、社内調整など何事も卒なくこなす方を指します。 業務経験が豊富な30代~40代の方を雇えたら社内業務が一気に楽になります。 総務がいることで本来集中しなければならない業務に集中できるからです。 生産性が上がります。 総務が

続きを読む >>

PAGE TOP