たった4時間で分かるホームインスペクション事業立上げセミナー 業界レポート、無料ダウンロード

弁護士のための経営・マーケティングを考える法律事務所経営.com

コラム

目指す事務所像を叶えるためには今のゾーンからの脱却を

2018年10月24日 執筆:

 
 
設計事務所、建築士事務所は大きく4つのゾーンに分けられると考えています。
皆さまの設計事務所ははどのゾーンに属されるでしょうか。
 

 
設計事務所、建築士事務所の多くは、個人あるいは小規模事務所が占めております。
多くの設計事務所の方は、どちらかといえば
右下③のゾーンに属すると感じられているのではないでしょうか。
 
さて、今後生き残る設計事務所になるためには、
まずはこの右下ゾーンからの脱却を図らなければなりません。
 
多くの設計事務所の理想は右上のゾーンかと思います。
いわゆる有名アトリエ系建築家などはこのゾーンにあたります。
誰しもが自分の好きな建築をやって稼ぎたいと思うところではないでしょうか。
 
が、現状、右下③のゾーンにいる場合、
そのままダイレクトで右上のゾーンに移るというのはなかなか困難です。
 
ですので、船井総研設計事務所コンサルティングチームでは、
まずは左上②への移行が必要と考えております。
ビジネス的思考を持ち、そしてその後、
仕事も資金も余裕ができた段階で満を持して、
右上①への移行を目指していくのです。
 
 
我々が主催する設計事務所研究会では
そのビジネス的な視点を補填していただくべく、
建築設計業界の経営に関する情報交換を実施しております。
個人事務所から組織設計事務所まで
全国から幅広くご参加いただいておりますので、
 
・なんとなく将来に不安を抱えている…
・刺激を得られる機会がほしい…
 
という設計事務所経営者・代表の方は、
初回ご参加無料ですので、ぜひ一度ご参加くださいませ。
 

定期例会の一日体験(お試し参加)に参加してみませんか?

コラムの最新記事

その他の最新記事

マインドの最新記事

PAGE TOP